会社設立は1円で一人でできます※会社を閉じる時は1円では無理

スポンサーリンク

この記事はこれから起業したいと考えている人に、起業すなわち会社設立は簡単だけど、会社を閉じるときは場合によっては恐ろしいことになります。

ということを書いています。

個人事業主から会社設立して、会社を閉じる経験をした筆者ならでは視点でお話します。

法人設立は、安易にとはいいませんが、やる気だけで起業すると閉じるときにとても苦労するということを覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

法人設立はインターネットに限ります

野心や夢のある若者だけじゃなく、定年退職後に起業したいという希望をお持ちの方は多いと思います。

私はそもそも会社に勤めるという概念がなかったので個人事業主もやったし起業もしました。

こういってはなんでが、起業するのは簡単です。

熱意と決意とある程度の適正な資金があれば、そんなに起業のハードルは高くはありません。

元手となる資本金さえある程度貯めておけば、あとは覚悟だけです。

会社を設立するだけでしたら、お金はそれほど必要ありません。

私はたまたまネットで見つけた「会社設立ひとりでできるもん」で会社を設立しました。

ネットだけで会社設立が完結できたことに驚きました。「会社設立ひとりでできるもん」に限らず、ちょっと検索したら同様の会社設立サイトがたくさんあります。

ネットで、株式会社を設立するのに、約20万円ちょっと。合同会社を設立するのに、約6万5千円。これだけの費用で本当に会社を設立できます。地元の司法書士さんにお願いするより数万円もお安く設立できます。

近所の司法書士さんと何も変わりません。

ネットで会社を設立したからといって、その後の法人活動において何も困ることはありません。是非活用してください。こんな簡便なサイトがあるんだから、事務所を構えている司法書士さんは大変なんじゃないかな・・・余計なお世話ですね。

こゆかま

ネットだろうが、実店舗だろうが、結果は同じです。違いは実店舗にお邪魔したらお茶かコーヒーを出してもらえるくらいです。

資本金は1円でも会社は設立できます。

資本金が1円でも会社設立できますが、資本金がないのに会社を設立する意味がわかりません。

ノートも鉛筆も飲み物も買えません。

資本金が1円の会社だと対外的にどうのこうのと書いているサイトもありますが、そもそも資本金が1円の会社は現実的ではありません。

株式会社や、合同会社の設立はひとりでできます。誰の意見も必要ありません。

すべて自己完結できます。そして2日~3日もあれば、自分の思った通りの会社が、まさに「会社設立ひとりでできるもん」なんです。

しかし、簡単に始められますが、閉じるとなると話は別です。

場合によっては地獄の苦しみを味わうことになります。

まずは資本金になる現金を貯めることは必須条件

起業するためには、会社の実印(代表印)や横判も作らなければなりませんし、パソコンやプリンターを買ったり、事務所を借りたりしなければなりません。

ですから、せめてそれくらいは買えるくらいの現金は貯めないと話しになりません。

そんな人はいないとは思いますけど。

 

いきなり誰も現金を貸してくれませんし、借りてもいけません。

適正な資本金も用意できないなら、やる気だけで会社設立は絶対にしないほうが自分のためです。

資本金1円で、6万5千円払って合同会社を設立して喜んでいるようでは明るい未来はありません。

なぜ、1円で会社設立できるようにしたのか理解できません。

株式会社を畳むとき(会社破産・廃業)

詳しい会社破産については、別な記事に書きますが、株式会社を閉めるときは、とてもやっかいです。

 

  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)に名前が記載されている役員全員の承認が必要
  • 議事録の作成
  • 株主総会の決議
  • 官報への公告
  • 法務局への登記
  • 税務申告

どれもこれも普段やったことないことばかりです

2~3日で、ひとりで簡単に設立できた会社を閉じるときは、わかっているだけで最低これくらいやらなければならないことがあります。

絶対にひとりではできません。

弁護士の力が必要になります。

もちろん債務超過になっていなければ、弁護士に頼らなくても会社を廃業することはできます。

しかし、そんなハッピーエンドはまれなことなのです。

覚えておいてください

1円で設立した会社を、1円では閉じることはできません

最後に

夢にみた会社設立。社長と呼ばれる自分。

名刺に書かれた代表取締役の肩書き。

どれも素敵です。

一度はそんな自分を味わってほしいとは思います。

ただ、そんな素敵な表の世界とは別に、一方で免責が難しい重責があることも忘れてはいけません。本当にその「社長になること」が正解なのか。

表の世界のことばかりが目に付きますが、それと同じくらい、いやそれ以上に社長の裏の世界は恐ろしいものです。

逃れなれない責任を安易に受け入れてはいけません

華やかに見えるかも知れませんが、表があれば裏もあります。
マルボーズ

スキンヘッドになりました。

マルボーズをフォローする
会社経営
スポンサーリンク
マルボーズをフォローする
スキンヘッダー

コメント