会社破産を回避したいなら※支払いより先に代金を回収する

スポンサーリンク

経営者は大なり小なりストレスと悩みを抱えて毎日を過ごしています。社長!決してあなただけではありません。

 

こゆかま

社長!回収は早めにできていますか?

この記事は、いかに早く売上代金を回収することが会社経営にとって大切かということを書いています。

代金回収を後回しにすると会社は確実に破産に向かいます。

利益が出てるのに、どうして慢性的な現金不足なのかと考えてみましょう。

スポンサーリンク

先に払うか、先にもらうか。売掛金と買掛金の関係

物品販売(物販)のビジネスは、商品を仕入れて販売します。支払ってから回収します。

しかし、この順番が当たり前だと思っていては、本当の利益を出すことは難しいかも知れません。

例えば、1万円の商品を仕入れて、1万2千円で販売するとします。

すると2千円儲かります。

しかし、最初に自分の財布から先に1万円が出て行きます

それから、1万2千円が自分の財布に入ってくるわけですが、入ってくるまでは、自分の財布からは1万円が出て行ったままの状態です。

もし、売ったその日に1万2千円が入ってきたら、その日に2千円利益が出ます。

晩飯にラーメンでも食べることができるし、タバコも買えるかもしれません。

でも、これがもし翌月に入ってくるとしたら、自分の財布から1万円がなくなってままの状態が1ヶ月間続くことになります。

帳簿上には1万2千円が売掛金として記載されていますが、財布の中は現金1万円が減っています。

この1ヶ月間は、儲かってるいるのか、損しているのかわからない状態です。

でも、翌月には1万2千円入ってくるから良しとしましょうか。

そんなことを考えていたら、売上金の1万2千円をもらう前に、また同じ商品の注文が入りました。

しかも、今度は2個です。売上げは最初の1個と合わせて全部で3万6千円です。

 

こゆかま

売上げ絶好調!3個も売れて6千円も儲かった!

売上げもあって利益も出ているのはウソではないが・・・

だけど、自分の財布からまたお金が出て行きます。

今度は2万円が出て行きます。前回の1万円と合わせて3万円が財布から出て行きました。

3万円も財布から出て行くと財布の中身が寂しくなりますね。

今月欲しかった物も買えないかも知れません。

とりあえず来月に3万6千円が入ってきてからにしましょうか。

そして、

1ヶ月待ってやっと自分の財布の中に3万6千円が入りました。

3万円が3万6千円になって、6千円儲かりました!

 

こゆかま

欲しかった物がやっと買えるぞ!

 

と、思っていたらまた注文が入りました。

今度は、一気に5個です!!

財布から5万円が出て行くことになりました。

でも、来月には6万円になって戻ってくるんですから嬉しいはずです。

しかし、欲しい物を我慢するのはできるますが、生活費は普通にかかります。

 

こゆかま

5万円の立替えは正直キツイな・・・

売上げが上がってるのに借入金の発生!?

売上げは右肩上がりだけど、財布の中はいつも寂しいのでお金を借りることにしました。

とりあえず銀行に聞いてみることにします。

銀行員

社長の会社なら、10万円くらいすぐにご融資します。そのお金でどんどん売上げを伸ばして利益を出してください!しかし、銀行の決まりなので連帯保証人のところに社長のお名前をご記入ください。

財布の中に10万円が増えました。これだけあれば、10個は仕入れることができます。

10個仕入れて10個売れば桁違いに儲かります。

来月には財布の中が2万円も増えます。

こゆかま

1個売って2千円の利益じゃ物足りない。10個売って2万円も儲かれば気分もいい!

こゆかま

どうせ売れるんだから、お金もあるし、まとめて10個仕入れちゃおう!

先月まで、予定通り売れていたけど、今月は10個売れると思っていたのに、8個しか売れませんでした。

2個は在庫になりました。

でも、どうせ売れるから問題はありません!か??

 

1万円の商品を利益の中から買うためには、1個2千円の利益として、最低5個売らないといけません。

 

2個在庫になったということは、2万円の現金が在庫になったということと同じです。

 

黒字なのに資金ショート

売上げがあって、適正な利益も出しているのに、現金不足に陥り資金ショートして会社破産してまうことは全然不思議なことではありません。

これがもし、先に売上代金の1万2千円をもらって、もらってから1万円の支払いをするとどうでしょうか?

商売の基本はここにあります。

まずお金をもらってから、支払いをする。

この考えを徹底することが何よりも大切で、絶対にゆずってはいけない条件です。

例え一日でも支払いを回収よりも早くしてはいけません。

回収よりも支払いが一日でも先になるような条件を受け入れたら、会社は破産への道を歩み始めます。

最初がカンジンです。いい振りこいたら負けです。

最後に

1万円で買って、1万2千円で売る。利益は2千円。

必ず先に1万2千円をもらってから、1万円の支払いをしましょう。

これができたら会社は安泰です。破産の心配はありません。

とにかく回収が先です。

これは物販に限った話しではありません。

これさえできれば銀行から借りることはありません。

銀行は借りるところではなく、預けるところになるでしょう

商品を1円でも安く買うことや、1円でも高く売ることを考えるよりも、どうしたら現金を先に回収することができるかを考えてください。

 

今回はわかりやすくするために、1万円の話しを例にしましたが、これが実際は100万円で仕入れて、120万円で売ったり、1,000万円で1,200万円だったりするわけです。売上高が1億も10億もある企業だって内容は同じです。

金額が大きくなれば、出て行く金額も大きくなるだけなので、中身なんて何にも変わりません。

大きい会社は安泰で、小さな会社は大変だ!という話しではありません。

大きな会社は大きな借入金があるんです。

マルボーズ

スキンヘッドになりました。

マルボーズをフォローする
会社経営
スポンサーリンク
マルボーズをフォローする
スキンヘッダー

コメント