会社経営

会社経営

会社破産した会社の取締役はどんな責任を負うことになるのか?

株式会社の取締役は大企業と零細企業では意味も立場も全然違います。会社破産するとなったときに取締役はどうなるか。取締役になることをお薦めしない理由。
会社経営

会社の存続か!破産か!できることなら「廃業」したかった理由

会社をたたむ方法は「廃業」か「破産」しかありません。債務超過だと廃業することもできません。廃業できた社長には敬意を表します。
会社経営

債務超過になってから頑張っても遅い!現実逃避をしてはいけない理由

会社を経営していると赤字決算になることはあります。しかし、赤字をコントロールしているなどと調子こいてはいけません。赤字決算は債務超過という恐ろしい現実の始まりです。
スポンサーリンク
会社経営

会社破産の弁護士費用※代表取締役が決断するタイミングで違う理由

会社破産するときの弁護士費用は、その会社の状況と経営者の協力度によって違います。このままでは会社が倒産するかも知れないと最初に思ったときにまず弁護士事務所の無料相談をお願いすることです。それが何よりも弁護士費用を抑えることができる唯一の方法です。
会社経営

代表取締役は借金大王※会社破産と自己破産と背中合わせという現実

社員は辞めたくなれば辞められます。しかし会社の連帯保証人である社長は辞めたくても辞められません。新しいことにチャレンジすることもできません。
会社経営

【5年で完済予定】長期借入金が20年経ってもまだ借入れ中の理由

借換えの借換えの借換えで、借換えスパイラルにハマルと悲惨です。底なし沼でもがくことになります。最初が大事です。借りないことが大切。
会社経営

約束手形は会社破産の通行手形・手形は借金と同じです

手形を発行してしまうと、その期日に日々追いかけられて、自転車をこぐスピードも上がります。弱小企業が手形を発行するなんて100万年早いんです。
会社経営

会社の経理を任せて大丈夫?気がついたら会社破産に向かっている

弱小企業の経理は会社の内情をすべて知ることになります。儲かっているかどうかは知りませんが、会社にお金があるかどうかはわかります。そして社長が会社のお金で業務に関係のない飲み食いやゴルフをやっていることも全部知っています。会社破産したくないなら社長は今日からでも会社のお金のチェックをするべきです。
会社経営

銀行が会社に来たのは偶然ではない※融資は破産へのカウントダウン

お金に困ってから銀行に融資をお願いしても遅いかも知れないから、少し会社に余裕があるうちにお金を借りておこうと考えるのは間違いではないと思いますけど、借りないで済むなら借りないことをお薦めします。連帯保証人の責任はとても大きいのです。
会社経営

会社設立は1円で一人でできます※会社を閉じる時は1円では無理

会社を設立がゴールではありません。会社設立から会社を閉じるまでを経験した経験談の記事。行きはよいよい帰りは怖い。
スポンサーリンク