ビジネスフォンのリースが永遠に終わらない理由【会社破産】

スポンサーリンク

経営者は大なり小なりストレスと悩みを抱えて毎日を過ごしています。社長!決してあなただけではありません。

 

社長!ビジネスフォンはリースしてますよね?

 

この記事は、社内で使っているビジネスフォンについて書いています。

この記事を読むと本当に自分の会社にビジネスフォンは必要なのかを考えるきっかけになります。

会社でリースしているモノのひとつにビジネスフォンがあります。

社内を内線電話でつないでいるアレです。

従業員が数人いる会社であれば当たり前のように使っています。

このビジネスフォンは、電話機自体はたいした金額ではありません。

電話機を1~2台増やしたところで全体の金額にはさほど影響しません。

とにかく高額なのが、主装置と呼ばれる交換機です。

リースすることが前提の社長が多いので、月々の支払いリース料金のことばかり考えて、この主装置のお値段を知らない社長が多くいるようです。

 

もちろん会社の規模によって価格は違います。

数人程度で営業している資金繰りが苦しくて自転車操業をしている会社を想定して書いています。

こゆかま

ビジネスフォンは買えば、一式100万円前後します。

えっ?!そんなにするの?って思いましたか?

工事費や設置費など、その他もろもろ掛かって、実際には100万円ではとても買えません。

私は資金繰りがきびしくなって固定費の見直しを始めたときに初めて知りました。

電話機のことなんて全然詳しくないので、最初からすべて業者のいいなりです。

販売業者は一括購入なんて薦めません。

 

電話業者

どこの会社さんもビジネスフォンは、7年リースが基本です。

会社の営業はずっと継続するつもりでいますので、7年リースといわれても7年後に支払いが終わるんだなとは思いません。

7年たったらまた7年のリースを組み続けることになります。

いつが終わるのか考えたことはありますか?

リース料金は会社の経費です。固定費になります。

7年間定額でリース料金を支払い続けます。

社長は、会社が存続するうちはビジネスフォンのリース料は払い続けて当たり前の感覚でいます。

下記のブログ記事にも書きましたが、リース契約の出口は満了日しかありません。

 

スマートフォンの契約2年縛りでも、長いと感じるのに7年間しばりっていわれたら、ほぼ永遠に近いことがわかると思います。

しかも、ほぼ間違いなく契約して5年目が過ぎたころに、別な業者が商談にやってきます。

 

電話会社

社長!今のリース契約はあと2年で終わりですね!?新しくご契約していただけるなら、その残り2年分の残債はすべてうちが負担します!そうすると、月々のリース料は今よりお安くなります!!

社長

えっ?!残債を引き受けてくれるの?しかも、月々の支払いが減額されるの?そんなイイ話しあるんだー?!

だったらそうします!ってことになります。

実際、私もそうしました。そして月々のリース料が減額されて良かった!って自己満足していました。

月々の支払いが少なくなるなら、断る理由はありません。

本来ならあと2年で終わるはずのリース契約が、そこから7年に延長されただけです。

 

延長されたんですから、安くなるのは当然といえば当然です。

このようにしてビジネスフォンのリース契約は延々と続くのです。

 

  • 本当にこの社員数で、主装置(交換機)を使ったビジネスフォンが、我が社に必要なのだろうか?
  • 全員が携帯電話を持っているこの時代に、100万円以上もするビジネスフォンを買う必要なのだろうか?
  • ビジネスフォンがなくても困らない業務内容ではないのか?

 

冷静に考える必要が社長にはあります。

目先の月々リース料が安くなるという誘惑に負けてはいけません。

たかが電話。されど電話。会社がおかしくなる前に良く考えてください。

車の5年リースも長いですが、ビジネスフォンの7年リースもバカにできません。

固定費は可能な限り抑える努力が必要なのです。

 

 

ゴールのことを考える間もなく、気がついたらスタートしてしまっているのが、ビジネスフォンのリース契約です。

最初が肝心です。本当に冷静に考えてから決断してほしいですね。

 

マルボーズ

スキンヘッドになりました。

マルボーズをフォローする
会社経営
スポンサーリンク
マルボーズをフォローする
スキンヘッダー

コメント