経営者は試算表のチェックは必須※会計事務所任せでは会社破産します

スポンサーリンク

こんにちは。

ストレスや、悩みのない人はいません。

経営者は大なり小なりストレスと悩みを抱えて毎日を過ごしています。

社長!決してあなただけではありません。

 

社長、試算表は毎月ちゃんと見ていますか?

スポンサーリンク

試算表・貸借対照表・損益計算書

試算表は会計事務所や銀行のためのものではありません。

会社のすべてがそこに書いてあるといっても過言ではありません。

売上げもちゃんと上がっているし、回収も問題なくできているのに、どうして資金繰りが上手くいかないのか、どうして現金が足りないのか、会社経営者は頭を悩ませます。

 

答えは試算表に書いています
 

試算表と向き合ってない

簿記の勉強をしたことのない会社経営者の多くは、試算表(貸借対照表・損益計算書)を読むことがとても面倒です。

 

社長

ごちゃごちゃと書いてあってどこを見たらいいのかわかりません。

儲かっているか、損しているかだけ教えてください。

実際のところ、試算表のどこをどのように見て、何を確認すればいいのか、よく理解できていない経営者は少なくありません。

日々会社は止まることなく動いているわけだし、月末に締めてその内容をチェックするといっても現実味がしません。

 

社長

今月の売上げ金額だけわかれば、だいたいのことは全部わかる!

多くの会社経営者は、毎月の売上げ金額だけを確認しただけで会社の全体像を理解したつもりになります。

自分で興した会社ならだいたい感覚でわかります。

でも、それは俗に言うドンブリ勘定と変わりません。

御社が契約している会計事務所(税理士事務所)が、どのように試算表について説明してくれているかわかりませんが、会計事務所は超ブラック企業と思ってください。

会計事務所の担当者も日々の業務に押し潰されながら多忙な毎日を送っています。

そんな彼らにとって御社のことなど、どうでもいいことなんです。

御社のことを考えて会計処理をしている会計事務所など皆無といってもいいでしょう。

もちろんそんな素振りは全く見せませんが、それも仕事のひとつです。

会計事務所は数字を入力しているだけ。
 

現実逃避

 
少なくとも会社経営者よりは、試算表の見方はわかりますが、それがどうした?って程度の話しです。
 
会計事務所

売上げも好調だし、経費も抑えられて利益も出ています。この調子で頑張ればよろしいと思います。

試算表をさらっと見て、こんな感じで説明してくれるでしょうか。

決してウソをいってる訳ではありませんが、肝心なことは言わないものです。

それは、先述のとおり、あなたの会社が儲かろうが赤字になろうが、会計事務所には関係のないことだからです。

社長の立場からしたら、このままの状態が続けば、そう遠くない将来に資金ショートするよな・・・って思っているのに、どうしてそのことについては何も言わないんだろう。

って思ったことは一度や二度ではありません。

現実逃避したくなります。

 

会計事務所

どうせ、わかってないよ。この社長は。

まとめ

会社経営者は、試算表を避けて社長をしていてはいけません。

あのゴチャゴチャした貸借対照表と損益計算書に記載されている数字こそが現実なのです。

現実逃避したくなるお気持ちは良くわかります。

私もあんなものは見たくもありませんでした。

売上げが良かった月の試算表は輝いて見えたりしましたが、だいたいは試算表を見ると吐きそうになりました。

社長が試算表を避けるようになったら、会社の終わりが近づいています。
マルボーズ

スキンヘッドになりました。

マルボーズをフォローする
会社経営
スポンサーリンク
マルボーズをフォローする
スキンヘッダー

コメント